Home  
歯医者の選び方VIP
日高歯科クリニック QRコード
■インプラント(implant)  

インプラント治療とは、イエテボリ大学(スエーデン)のブローネマルク教授がチタンと骨が強固に結合することを偶然発見したことから始まりました。
彼はこの現象をオッセオインテグレーション(骨性結合)と命名し、様々な研究を行い、長期に安定し、歯の代わりとなる治療方法として完成させました。
イエテボリ大学へ留学中の写真
左:ブローネマルク教授 右:私(日高)
1989年、イエテボリ大学へ留学中の写真
手術室
インプラントに限らず、手術には清潔な環境と身体の変化を監視(モニタリング)することが大切です。
当院では心電図計等の監視装置を常に使用し、ご希望の方には、静脈鎮静法や全身麻酔の設備も用意しております。
また、手術は全てDVDで録画されておりますので、ご希望の方にはお譲りいたします。
手術室
【治療の流れ】
1.初診→診査
・インプラント治療に付いての相談と説明
・病歴・健康状態の診査
・お口の中の診査
・レントゲン写真・かみ合わせの診査
インプラント治療前の口腔検査
2.診断・計画
CTや各種レントゲンを使ってインプラントの計画を行います。
  診断用ガイド:¥25,920
  CT撮影・診断:¥28,080

当院のCTはプランメカ社製(フィンランド)フラットパネル・コーンビームCTで、従来のCTの1/5以下の放射線量です。他のレントゲンもデジタルで従来の1/10となっています。
レントゲン 歯科用CT
3.手術
・歯肉を切開し、専用の器具で顎の骨にインプラントを埋入します。
・同日に仮歯を装着します。
インプラント手術図解 インプラントのレントゲン
インプラント術前・術後
4.かぶせものを装着、診療終了
・インプラントの柱になる部分に冠を装着します。
・インプラントに限らず、歯科治療は人工物による医療ですので、定期的なメインテナンスを受けるようにしてください。
インプラントのかぶせもの装着の図解 インプラントのかぶせものを装着したレントゲン
インプラントのかぶせもの装着前・装着後
※骨の条件がよい場合は、インプラント手術から最終のかぶせものの装着まで、2時間ほどでできる場合もあります。
【1日(2時間)で全ての処置が終了した症例】
インプラントの手術経過
 
■日高豊彦ブローネマルク・インプラント・ハンズオン・コース
全ての歯科医師がインプラント治療を安全に行えるように、ブローネマルク・インプラントのハンズオンコースを鶴見大学歯学部学生、臨床研修医、一般臨床医、口腔外科専門医の先生方を対象に毎年行っております。
www.nobelbiocare.co.jp/business/seminar.html 日高豊彦ブローネマルク・インプラント・ハンズオン・コースの様子
【ページTOPへ】


TOPページ歯と健康・予防審美歯科歯が無くなったらブリッジインプラント部分入れ歯
総入れ歯歯科口腔外科歯の根の治療クリニック/スタッフ紹介歯科関係者の皆様へ動画

Copyright 2003 HIDAKA DENTAL CLINIC.All Rights Reserved