Home  

・お口の中全体の健康
・歯と歯肉と顎の骨1
・歯と歯肉と顎の骨2
・歯と歯肉と顎の骨3
・虫歯について
・歯周病について
・費用 
・まとめ

歯医者の選び方VIP
日高歯科クリニック QRコード

■歯と歯肉と顎の骨1
・歯の本体は象牙質という塊からできています。
・象牙質の中に空洞があいていて、その中に神経、血管、リンパ管がそれぞれ脳、心臓、リンパから入ってきます。
歯髄腔歯髄

・象牙質の中に象牙細管というミクロの管が無数に通っていてその中にもっとも原始的な神経が通っています。つまり象牙質そのものにふれれば、飛び上がるほど痛いし、冷たいもの熱いものは非常にしみるようにできているのです。

・生えているべきところは、エナメル質というものでおおわれています。エナメル質はほとんど無機質で、身の回りのもので言えば陶器のようなものだと思ってください。そのおかげで熱や刺激が象牙質まで伝わらず、食事ができるのです。また細菌にも犯されにくいのです。象牙質まで細菌が進入すると、あっと言う間に虫歯が進んでしまいます。

・象牙質の根にあたる部分はセメント質というものでおおわれ、そこからシャピー繊維と呼ばれるものが骨の中まで生えています。テントを支えるロープのように、この無数のシャピー繊維により歯は骨から抜けないようになっています。シャピー繊維のかたまりを歯根膜と呼びます。

各部位の詳細はこちら


TOPページ歯と健康・予防審美歯科歯が無くなったらブリッジインプラント部分入れ歯
総入れ歯歯科口腔外科歯の根の治療クリニック/スタッフ紹介歯科関係者の皆様へ動画

Copyright 2003 HIDAKA DENTAL CLINIC.All Rights Reserved